読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazutaka_ueyama’s blog

日記かな?

マリオメーカーやりたくてWii U買って見る事にした。

ここ一か月ずーっと迷ってたところでした。

自分ここ数年はプレイヤーの立場からとしてのゲームはずっと遠ざかってました。

 

スーパーマリオメーカーは発売時点からYoutubeニコニコ動画なんかでのプレイングムービーとかを見てましてこれは欲しいなと思っていたのですが、これの為だけにハードから買うとなるとどうなんだろう、と言う事で踏ん切りが付かなかったのですね。何せ今のところやりたいって思えるのがこれだけなんで。マリオカートとかも嵌ってたのですがGC版やNDS版が最後で離れてまして、今はそんなにやりたいとは思えず、あとSplatoonでしたっけ、あれも今の自分にはそこまで興味をそそるものでは無いのですよね。任天堂のゲームハードは後継機の情報も出ていると言う事でこの時節に購入するメリットも見極めの余地も有るかも知れないし。

 マリオメーカーに関しては昔のマリオシリーズを踏襲したのも多く、他の作品と比較した場合、やり込むに当たってそんなに新たなプレイテクを覚えなくても良いと言うのは購入の動機にはなったと思います。アクションゲームのマリオシリーズに関してはFC時代の初代や2の他、GBAでのリメイク版やNDSでのバージョンなんかもやってましたがやはり思い入れが強いのはFC時代ですね。あの無機的な画面構成がすごく良い感じですね。シリーズが後期に進んで行くに従ってゲームとしてのルックスが華美になっていくのは常と言う事でわかるんですが自分としてこの作品に対しては感動は覚えませんでしたね。3Dのシリーズなんかも有ったようですがこれらなんかに対してはマリオの名前を使った別のゲームとしか思えなかったですね

  

 マリオに関しての醍醐味と言えば普通にプレイする以上にちょっと弄ってのあれこれとかですな。初代マリオのー1面とか256Wとかの裏技(と言うかそれ以上の何か)に関してはファミコンの実機はもちろんの事、GBAでのリメイク版でも改造ツールで再現させてカオスな楽しみも堪能していたもんです。PC上のエミュレータツールで再現させたりする段階までは自分では行けなかったけど。

 んでまあこの度Wii Uでこういうソフトが発売されたって事で今日に至るまで多くのマリオフリーク達の、言わば裏の遊びとして楽しまれていた要素が大量に取り込まれて公式のゲームコンテンツとしてリリースされると言う事で自分のようなユーザーとしての琴線を多いに触られました。って事で物欲が沸いた訳です。あの時の様な楽しみを特別な準備で有るとか有る種のリスク等を気にする事無しに味わえる手段が表れたのは良いなあと思った次第です。