読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazutaka_ueyama’s blog

日記かな?

議員の育休。雑感2

社会 考え方 雑記

国会議員の育休に関するニュース読んで他に思った事として、他人が同じ様に権利行使したいと思った果たしてどの様に対応するんだろうって言う視点も忘れないでおきたい処。

 議員の育休に関するニュースを見ていると育休に関する主張をなさっている方々は己に関して「使われる立場」を強調されている様だが、一方で議員と言うのは秘書を雇ったりして経営者的な立場も取れると言う事でやっぱりそこらの労働者とは異なる身分にいる訳なんですよね。

 現状でも議員の休暇に関してはシステムとして妨げる要素て少ないんだしWLB的な事項はもう自分でどうするかぐらいしか無い。それよりは議員の下なんかで働いている秘書(まあ議員の秘書と言っても色んな種類は有りますが)さんなんかの立場の方を気にした方が良いんじゃないかとも思うわけですが。代議士の場合は自分の下で雇われているスタッフがそういう趣旨の休を取りたいとなった時の対応こそも注目されるべきでしょう。で当然の事ながらいくら自分の権利を思うように行使して耳目を浴びたところでもしもその下のスタッフは同じ様に取れないって事だと悪評で相殺されちゃいますね。この人達に関してそういう悪いニュースが出ない事を願います。今の日本を見る限りだと自分の権利には敏感でも他人の同様には、、、って言う人は少なく無さそうなので下種の勘繰り的では有るけど他者の権利行使に寛容な行動を取れるかって言うのは一々チェックしても良いので無いかと思います。

 

代議士とかに限らず企業経営者がいくら自分の自由で行動したところで従業員が同様を取れないってなったらそれは怪訝な目で見られるだろうしそういう会社をホワイトな経営として評価される事はまあ無いでしょう。どんな形で有れ他者に対して優越や支配的な立場を取れる人間はまず下の側にいる方に権利を使わせて見せる事を優先したら良いんじゃないかなと考えました。